【必見!】溝が少なくなったスタッドレスを復活させる方法!

今まで使ってきたスタッドレスが
古くなり溝が少なくなったあなた。

復活させる方法知りたくないですか??

スタッドレスを新品で買うとなると
サマータイヤの1.5倍は見ておいた方がいいです。

北陸などの積雪が多い地域では
必須かもしれませんが、関東など
あまり降らない地域は勿体ないです。

冬の時期になると

・ガソリンスタンド
・タイヤショップ
・整備工場

などが、これでもかっ!
って位、売り込んできますw

ちょっと、余裕がないんだよな~
まだもったいないよな~って
思うならこの先は必見です。

はじめに、基礎情報

197343

一般的なスタッドレスタイヤの
交換タイミングに関して解説します。

基本的にタイヤはゴムなので
寿命が存在します。

冬タイヤに関しては
3~4年が平均になります。

但し、保存状態によって
ゴム質が大きく変化するので
この数字は全てではありません。

直射日光や雨風にさらされる環境だと
劣化の速度もあがりますので。

スタッドレスに大事なのは

・溝の深さ
・柔らかさ

この2つです。

溝が少ないのは夏タイヤも同じで
水はけや食いつき性能が変わります。

また、固くなることで抵抗がなくなり
ブレーキ時に雪に食わなくなり
流れてしまう状態になります。

スタッドレスだから大丈夫・・・

って言えないわけですね。

交換時期が迫っていたら

bsPAK26_setugentaiya20140208

交換時期が近いタイヤは
何の意味も無いので対策が必要!

古くなり溝がなくなったスタッドレスは
夏タイヤと変わりませんからね。

そこで、オススメなのが
スプレー式のスタッドレス。

参考:FRで雪道を走る時にあると便利なアイテム!冬のマストはこれ!

上記の記事で解説しています。

極限まで古いスタッドレスだと
性能の前に状態が不安ですが
少し古くなり交換が必要かな・・・?

位の状態であれば全然使える。

特に街乗りくらいしか
使わないのであれば十分でしょう。

スプレー式なので
車内に保管も可能なので
急な状況でも対応が可能です。

値段もそこまで高くはないので
安全の為・お金を使わないためw
持って行くのがオススメですよ!

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA